}); 未分類 | ページ 3 | うつ改善法 もし自分がうつ病になってしまったら…

未分類

今日は、自宅でうつ病や精神的な病かなと自分で気づき始め
最初にやるべき対処法について書いていきます。

まず、うつっぽいなと感じたら自分がやらなければならないこと以外
自分がストレスだと感じることは、すべてやらないか誰かにやってもらうようにしてください。

これは、今うつっぽいのは、自分自身で今まで我慢してきたことや溜まっていることが
自分の中でオーバーヒートしている状態だからです。

爆発寸前であるから、それ以上我慢したら、もうメーターが
フルにいってしまう。

「人間の普通の精神状態を保つのは無理だよ」と体が知らせている証拠だからです。

なので、家族や自分自身もこんなに楽にダラけてしまって良いのだろうかと
思うかもしれませんが、良いのです。

逆にそうしないと、うつ症状は更に悪化し、家族や会社、学校、友達などに
迷惑や心配を掛けてしまう事になるので、そこは勇気を持って休みましょう。

私もうつっぽい症状が出ていた時には、仕事はしていました。

でも、仕事に行く事以外はなるべく何もせず、自分がしたい事だけして
後はダラダラと寝たりボーッとしたりしていました。

これは、うつっぽいと自分が感じなくなるまでするのがミソです。
長い時で2週間~3週間掛かることもありました。

私はその頃は、実家暮らしだったので、親に甘えました。

病気の時には、誰かに甘えても良いのですよ。
人間誰も1人では生きていけないのです。

誰かがつらい時の為に家族や友人がいるのです。

話が少しそれてしまいましたが、ストレスの話に戻りますね。
ストレスの発散法は人それぞれです。

私は、寝ることが1番のストレス発散法だったので、とにかく調子が悪い時には
好きなだけ寝ていました。

仕事が休みの日には、寝たいだけ寝て1日18時間くらい寝ている時もありました。
そうすると本当に精神的に落ち着き、不安な気持ちや恐怖心は湧いてこなくなりました。

このダラダラと自分がしたくない事はしない状態でいると、段々と
精神が自然に安らかに安定してきます。

そうなったらしめたもので、あとは充分に睡眠をとり慣れてきたら
太陽の元を歩く、軽い運動をしてみるなど段階を踏んで生活習慣を
改善していけば良いだけです。

このストレスこそが、うつ病の最大の原因で、睡眠不足1つとっても、
眠れない、睡眠時間が取れないなどストレスの原因となっているんです。

根本的な原因を理解し改善していけば、病は自然と良い方向に向かっていきます。

今日は、うつ病の最大の原因であるストレスについて書いてきました。
まずは、今まで書いてきた①病気である事を認め、②処方の上手い先生を見つけ、
③うつ病の最大の原因であるストレスを発散する。

この3つを実践してみてください。
必ず良い方向に向かいます。

次回は睡眠について詳しく書いていきます。
それでは、また~