うつ病と診断され仕事をクビになっても大丈夫です。

私は、大学生の時にうつ病を患った訳ですが、現代の様子を伺っていると、少し変な言い方ですが早めにうつ病を経験しておいて良かったと思えるほどです。

 

それは、私自身もうつ病に45歳の今、突然なってしまったら、若い頃に比べて治す意欲も薄いだろうし、仕事の効率も下がり、1人で会社経営をしているので、精神的病に掛かってしまったら、かなりの打撃を公私ともに受ける恐れがあるからです。

なので、辛かった事も多々ありましたが、若い時に精神的な病を経験しておいてマイナスばかりではなかったなと今思っています。

それでは今日も、自分でも簡単にできるうつ病改善法をご紹介します。

これは、本当に効果絶大ですので、うつ病気味の方や調子が悪い方はぜひ試してみてください。

まず、23年もうつ病に苦しんでいると自然と、どうしたら良くなるかが分かるようになります。

大体、この4つさえ守っていれば調子は良い方向へ向かいます。誰でもそうです。

人間の身体がそうできているのですから、例外はないです。それでは、守るべき3項目を発表します。

1 睡眠

2 太陽の光を最低でも40分は浴びる

3 運動

4 脳に良い食事

この4つさえ守っていれば間違いなくうつ病は改善されます。

基本はこの4つです。

あとで、うつ病の方に効く食べ物や栄養素などもお話していきますが、今日は、とりあえずこの4つについてお話していきたいと思います。

まず1つ目の睡眠ですが、最低でも7時間30分は寝るようにしましょう。人間、誰でも寝ないと脳が休まりません。とにかく寝てください。

なぜ7時間30分という中途半端な時間なのかと言いますと、人間の睡眠の周期が1時間半周期でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返すからです。

出来れば9時間は寝て欲しいですね。

 

私がこの病気になった原因も睡眠を怠ったことから悲劇が始まりました。

十分に注意してください。

次に、太陽に当たるですが、これはアメリカの科学者も言っていますが、うつ病になりやすい国というのは、日照時間が少ない東欧諸国の人たちに多いそうです。

それは、どうしても太陽に当たる時間が少なくメラトニンが分泌されにくくなり、うつ病になりやすい傾向にあると実験結果も出ているようです。

今では、アマゾンや楽天などに太陽の光と同等のレベルの光を放つ機械も売っていますね。

アマゾンで「ブライトライトME+」で検索すれば出てきます。

どうしても、外に出るのが嫌だったり周りの目が気になってしまう方には良いかもしれません。

最後の運動ですが、出来ればパワートレーニングが良いです。運動選手や部活動をしている人にうつ病の人はいないです。

それは何故かといいますと、うつ病になりようがないからです。

パワートレーニングとは、簡単に言うと筋トレなどのことを言いますが、筋トレや腕立て伏せなどは、言わば、自分との戦いです。

筋肉が鍛えられてくると自然と精神的にも強くなります。

これはやってみると分かるのですが、筋肉の鎧がつくと、本当に強くなります。

最初は、軽いダンベルなどを使って少ない回数でも良いので、やってみると良いです。

私は、少し周りの目が気になる時があるので朝5時頃から40分くらい散歩をし家の中で30分くらいパワートレーニングをしています。パワートレーニングは毎日はやりません。

2日に1回です。これは、筋肉は1日は休めないといけないからです。

散歩も1周間に2回くらいです。続けるのが大事です。

無理をする必要はありません。

女性の方は、パワートレーニングをしても良いですが筋肉がついて嫌な人は、散歩だけでも良いです。

とにかく、軽い運動はするようにしてください。

それではまた~

 

今日のおススメ動画はこちらです。(動画少し慣れてきました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です