}); うつ病で休職し復帰する考え、行動は正しい判断。 | うつ病の原因、その時家族に出来る事は?

うつ病で休職し復帰する考え、行動は正しい判断。

最近、会社や学校でうつ病や精神的な病になってしまう方が多いとニュースなどで拝見します。

今日のタイトルのようにうつ病気味だなと本人や家族が感じたら、思い切って休職する。

この考え方は大いに賛成です。

日本では、昔から続く根性論や精神論がまだまだ蔓延しており、中々上司にも言い出す事が出来ず、自分1人で悩んでしまう。

こんな悪循環に陥る前に、休職なり有給をとりストレスを解消する事に努めるべきであると考えます。

 

今日は、休職や有給を取る事が出来なくて、やがてうつ病や精神的な病によって自殺を考えてしまう事についてお話したいと思います。

まず、みなさんは素晴らしい度胸を持っています。

なぜなら、精神的な病に掛かってしまっても何とか克服して、生きていこうと決心してる方たちだからです。

決心してなければ、この動画を観ているわけはないですよね。

なぜ、自殺がいけないのかと言いますと、残された家族はもちろんですが、神様へのぼうとく、裏切りでもあるからです。

少し宗教地味たお話になってしまうかもしれませんが、私達の命は両親から頂いたものであると同時に、神様からお借りしている身体でもあるのです。

魂は自分であるけれど、身体は神様からお借りしたものであって、死んだら返さなければならいものなのです。

それを自ら傷つけ、自ら命を絶とうとする行為は人を殺すのと同等の罪です。

信じる信じないは別として、自殺した人がその後どうなるかご存知ですか?

人生を全うした人間は、死んでから魂は天国へ行き少し休んでまた、新たな生命として魂が身体に宿ります。

しかし、自殺した人間は、永遠に宇宙をさ迷うことになります。

永久に何にも生まれ変わることは出来ないのです。

悪いことをして死んだ人でも虫か何かには生まれ変わることはあっても、自殺した人は虫にさえも生き返ることは出来ないのです。

神様が自ら命を絶ってしまった人には、2度とチャンスを与えることはないのです。

それを肝に銘じて、これからも強く生きていってください。

少し変なお話になってしまいましたが、大切なことなんです。

 

それからここからは、うつ病や精神的な病をお持ちのご家族へ向けたお話をしていきたいと思います。

まず、うつ病になってしまった家族をお持ちのご家族のみなさんへ言いたい事は、そっとしておいてあげてください。

最悪な事態にならないようにだけ注意して見守っていてあげてください。

ここで言う最悪な事態というのは、1人にして自殺などをしないように注意するという意味です。

うつ病や精神的な病に掛かっている時って掛かった事がある方はわかると思うのですが、「頑張って」とか「元気出して」と言われると、とても苦痛です。

もっと最悪なのが、元気をださせようとして気晴らしにどこか連れて行こうと、家族のみなさんは良かれと思って、誘っているのでしょうが、病気の本人にとっては、苦痛でしかありません。

精神的な病に掛かっている時って、基本的に人とあまり関わりたくない気持ちの時が多いです。

1人で自由にしていたいのです。

そうすれば、自然とストレスも軽減されますしだんだんと元気になってきます。

そしてまた人と触れ合いたくなってきます。それが人間の本能だからです。誰も1人では生きていくとは出来ないからです。

ご家族の方は、そっと見守る。これが基本的な考え方です。

今日もこちらの記事と関連した動画を貼っておきます。話し方がまだ不慣れでオドオドした感じがあるかもしれませんが、どうか暖かい目で見守ってください。

未分類

Posted by asb65rgx